育児からパートへの道と時短勤務の利用

看護師として常勤勤務を続けながら育児を両立するのは大変だと考える看護師は多く、人生計画として子供が生まれたら仕事を辞めて、パートで働こうと決めている人も大勢います。パートであれば子供の育ち具合に応じて適切な時間帯で働きやすいからです。夜勤や残業のように家庭での仕事に影響を与えてしまいやすいものも排除して働けるのがパートのメリットであり、看護師として働き続けながら育児を大切にしていける方法として注目している女性は多いでしょう。
しかし、一度離職してしまうと再就職するのに躊躇してしまいやすくなり、結局は専業主婦になってしまう場合もあります。せっかく取得した看護師の資格を無駄にしないで、やりたいと思っていた仕事を続けるためにパート以外の方法も考慮してみると良いでしょう。常勤勤務を続けて欲しいという病院側の要求から生まれてきているのが時短勤務であり、育児をする女性にとってはメリットが大きいシステムです。通常よりも短い勤務時間で働けるのが基本ですが、それに加えて夜勤と残業を免除されているのが通常となっています。そのため、時短勤務を利用すれば毎日必ず同じ時間に帰れるようになり、時間的にも夕方の早い時間に帰路につけるのです。
もし今後、人生計画として出産・育児を考えているのであれば、パートで働く意外の方法として時短勤務をシステムとして持っている職場で働くことも考慮してみると良いでしょう。専業主婦にならずに看護師として活躍し続けたい女性にとって有用な選択肢です。時短勤務に関してもっと知りたい方は、たくさんの情報が載っている参考サイトもあるのでぜひ読んでみてください。

Tags: